読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産無農薬新鮮野菜でスピンオフを目指す印刷会社の営業マン【Qvege】九州ちくほう野菜

農薬を使わず肥料は有機で育てた九州無農薬新鮮野菜を産地直送で通販しています。

2014年ラッキーカラーはピンク、ゴールド、キャメル!カラフルじゃがいもの種イモを購入

先日テレビでドクターコパさんが今年のラッキーカラーは、ピンク、ゴールド、キャメルって言われていました。

そうかぁ

そこでラッキーカラーにあわせてじゃがいもの種イモを選びました。

まだまだ畑がせまいので少しずつしか育てられません。

だから、美味しくて運気が上がる種類を選びました。

 

ピンク:ノーサンルビー

(ピンクと言えばやっぱり恋愛運)

皮も身もピンク。恋愛運をあげるためにも食べ物もピンクに。

ピンクの色素アントシアニンは、ポリフェノール一種で活性酸素の抑制や目にも良い。

f:id:Qvege:20140127112657j:plain

 

ゴールド:インカのめざめ

(ゴールドは絶対金運)

とっても美味しいじゃがいも。身は黄金色で栗のような食感。ゴールドのジャガイモを食べて金運アップ

f:id:Qvege:20140127112606j:plain

 

キャメル:シンシア

(キャメルは土色って感じだから不動産運)

メークインより少し短い卵型。きめが細かく煮崩れしにくい。フランス生まれ。これを買った種屋さんの奥さんいわく

「昔は大手お菓子メーカーのポテトチップスはアイダホポテトを使っていたが、今は北海道産のシンシアを使っているので、シンシアがあまり手に入らなくなったのよ。」

そういえば、昔はよくCMでアイダホポテトっていうフレーズを聞いてたなぁ。

f:id:Qvege:20140127112820j:plain

 

サブカラーはシルバーだそうですが、シルバー色のジャガイモはないので、ほくほくして美味しいキタアカリを購入しました。

f:id:Qvege:20140127112928j:plain

芽がものすごく出ています。この芽は1回なら取って植えてもいいそうです。これも種屋の奥さんから教えてもらいました。

 

畑の準備

 2月の上旬に植え付け予定なので、そろそろ1㎡あたり2㎏の堆肥を施します。肥料分が多すぎると病気になりやすいので、前作の肥料が残っていればそのままでもいいかもしれません。石灰は施しません。

種イモの準備

日の当たる暖かい場所に並べて浴光催芽をします。夜は屋内に入れて霜対策です。

これをすると初期生育が促進され、イモが大きくなり、がっしりした株になるそうです。

インカのめざめは腐りやすいので切らずに丸のまま植えます。

他のイモは切って種イモを増やして植えます。昔は切り口に灰を着けていたそうですが、今は灰は着けずに日陰干しを2日くらいして乾かせばよいと種屋の奥さんから教えていただきました。

灰を着けると灰の中の雑菌で腐る可能性があるそうです。

切るときは1片に芽が2つ以上残るようにします。

 

今朝は氷点下となり畑には霜がびっしりでした。お昼からは気温が上がるので畑の天地返しをします。

美味しいジャガイモが育ちますように。

 

今(2014/01/27)、無農薬野菜セットをご注文をいただくと、博多蕾菜が入っています(^○^)

f:id:Qvege:20131210181715j:plain